スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタイ受難曲・TOC公演終演

今日は、BCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)のマタイ受難曲の公演でした。

BCJは今年が創立20周年。
マタイ受難曲を受難節に演奏してきて10年目だそうです。

私が、最初にBCJに参加したのもマタイ受難曲。2004年のアメリカツアーでした。

その時、参加していたイエス役のペーターコーイ氏は、300回目のマタイ受難曲だと言っていました。

私は明日の公演で20回目です。

マタイは、オケが2つに別れるので、ヴァイオリンとヴィオラを弾く私にとっては、6つのパートを弾くことが出来ます。
今回は1オケの2ndヴァイオリンですが、初めて弾くパートでした。新鮮です。


これからも、この素晴らしいマタイ受難曲を、演奏することが出来ますように…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

長岡先生っ…☆

こんばんわ。2001年のBCJ♪BOSTON公演にも、出演してらしたのかしら。同じ会場にいたのかも知れませんが、今は酔っ払ってて!よく分かりません。以前『Passion Music』を“情熱音楽”と訳した通訳がいて、衝撃を受けました。

→ひょうたんあげ子さん

初めまして!でしょうか??

2001年のボストン公演は行っておりませんが、2004年には確かにボストンへ行きました!
情熱音楽…。情熱大陸みたいですね…。笑
プロフィール

satoki..ng

Author:satoki..ng
長岡聡季
ヴァイオリニスト、ヴィオリスト
音楽博士

プロフィール、出演情報はこちらの☆から!!↓



Satoki Nagaoka
PhD, Violinist, Violist, Conductor

Profile (English)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。