スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下田リサイタル終演

7月17日、静岡県下田市でのリサイタル、無事終演しました。
ヴァイオリン、バロックヴァイオリン、ヴィオラと、3つの楽器を駆使してのリサイタルは初めてでしたが、持ち替えも上手く行き、大きな事故もなく楽しく終えられました。

最初に、ベートーヴェンの1番のソナタを全楽章。
続いて、楽器紹介を交えながら、バロックヴァイオリンでバッハの無伴奏パルティータの3番からガヴォット、自作の《浜辺のうた》のヴァリエーションを弾き、ヴィオラでシューマンの《おとぎの絵本》から2つの楽章。
休憩を挟んで、クライスラーのプレリュードとアレグロ、続いてバロックヴァイオリンで《ルイ13世のうたとパヴァーヌ》を弾いたのですが、ここでバロックの弓が意外と軽いことに気付いてびっくりしましたが、何とか完奏。
その後、司会の山田和樹さんの無茶振りで、彼の与えてくれた主題による即興演奏をしました。

ピアノの佐々木崇さんに英雄ポロネーズを弾いてもらい(素晴らしい和声感を保ちそがら、美しい音色で弾ききった名演!)

ピアソラの《鮫》、バルトークのルーマニア民俗舞曲と、盛りだくさんなプログラムのアンコールには、母親にも登場してもらい、ルクレールの二重奏と、モンティのチャルダッシュという、(自分で言うものあれですが)デザートまでたっぷりの演奏会になりました。

山田和樹さんのトークも冴えわたり、2時間20分にも及ぶ演奏会でしたが、お陰様で満員の盛況でした。

今回、このような機会を与えてくれた山田さんを始め、下田市の皆さま、ピアニストの佐々木崇さん、聴きに来てくださった皆さまに、心から感謝します。

今から、15年近いおつき合いとなる、千葉マリンオーケストラのゲネプロに行ってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

satoki..ng

Author:satoki..ng
長岡聡季
ヴァイオリニスト、ヴィオリスト
音楽博士

プロフィール、出演情報はこちらの☆から!!↓



Satoki Nagaoka
PhD, Violinist, Violist, Conductor

Profile (English)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。